+アルファ研究所

身の周りにあるもので、知っていたら役立つ&得する情報、話題になる情報を書いています。

あの日用品を使って、超簡単に便器の縁にこびりついた尿ハネを綺麗にする方法!

f:id:kisuke_blog:20170925221413g:plain

   主婦の皆様が頑張ってやっている家事の中でも最も大変でめんどくさいものの一つがトイレ掃除ではないでしょうか。汚すのは男どもばかりなのになぜ私が掃除しなきゃならんのだ。しかも何故便器の外にまで尿が跳んでいるんだ!と。逆にこの記事を読んでいるのが男性なら、ご家庭で肩身の狭い思いをされているかもしれません。笑

 トイレ掃除における定番はもちろんトイレ用洗剤ですが、便器の縁や外側に跳ねた尿によってできた黄ばみにはトイレ用の洗剤を使うことができません。そこで皆さんの身の回りにある日用品を使って簡単に黄ばみを取る方法を教えちゃいます。

 

まずは敵を知ることから!尿ハネの黄ばみの正体を知っているか!?

 実はトイレの黄ばみの正体は尿中に含まれるカルシウムイオンなのです。カルシウムイオンを含む尿が便器に付着して放置されることにより、空気中の二酸化炭素と反応して炭酸カルシウムとなり、これが固着します。炭酸カルシウム自体は白い結晶性の物質ですが、尿中に含まれるその他の微量成分により着色するほか、そこに繁殖する雑菌等によっても色がつきます。

 放っておくと見た目や気持ちが悪いだけではなくて、そこを中心として更に黄ばみが成長しかねないので、定期的にお掃除することが大切です。便器内についてしまった黄ばみについては、市販されているトイレ用洗剤をかけてしばらく放置することでたいていの場合綺麗に落とすことができます。しかし便器の縁や上についてしまった黄ばみには、危険な洗剤がこぼれてしまう可能性があるために、トイレ用洗剤を使用することができません。そこで”あの”日用品の出番です。

黄ばみの成分、炭酸カルシウムはアルカリ性だ!

 さて上で尿ハネによる黄ばみの成分が炭酸カルシウムであることは述べました。実は炭酸カルシウムは化学的にはアルカリ性塩基性)を示す物質なのです。ここに黄ばみ克服の鍵があります。アルカリ性の固体を溶かすには酸性のものを使えば良いのです。具体的に家庭内にある酸性のものといって思い浮かぶのは、お酢とかレモン水とかかなと思われた方はご明察。このどちらもティッシュにつけて擦ることで、黄ばみを落とすことができます。

 しかしお酢とレモン水にもそれぞれ欠点があります。まずお酢は臭いがちょっと臭いことと、お酢で拭いた部分はしっかりと水拭きしなければお酢の成分がずっと残ってしまうこと。お酢の有効成分である酢酸は非常に蒸発しにくい物質なので長く残ってしまうのです。他方レモン汁も有効成分のクエン酸以外にも様々な成分が入っており、便器にそのまま残すと腐って異臭の原因になります。こちらもしっかり拭き取ることが大切になってきます。ではどうするか。クエン酸そのものを使うのです。

クエン酸食品添加物なので、健康面からも安心

 クエン酸は薬局等で通常粉末の状態で売られています。このクエン酸の粉末を小さじの半分くらい量を黄ばみにふりかけて、その上から十分に濡らしたティッシュで覆って押し付けます。その後一分ほど経過したら、しっかりと拭き取ります。これでほとんどの黄ばみを取る事ができます。もし綺麗に取れなかった場合には同じ操作を繰り返すと良いでしょう。

しかも。クエン酸食品添加物に認められているので、アレルギー等の心配もありませんし、皮膚についても心配することもありません。なので、赤ちゃんの使っている「おまる」の掃除にも使うことができます。

さてそんなクエン酸でもたまに落ちない汚れがあります。そんな時は重層の出番です。

タンパク性の汚れにはクエン酸より重層が効く

 トイレの汚れは黄ばみだけではありません。何か色はついていないけど何だか膜のようになって、付いている汚れもありますよね。あのくすみのような汚れはタンパク質などでできていて、これはクエン酸ではなかなか落ちません。そこで出番なのが重層です。

重層はお掃除の定番ともいうくらいよく登場しますが、このようなタンパク系の汚れにはグンを抜いて効果を発揮します。使い方は簡単で、粉のまま小さじ半分ほど汚れにふりかけ、その上から十分に濡らしたティッシュで覆って押し付け、一分ほどしてから拭き取るだけです。クエン酸の時と同じですね!

重層ももちろん食品添加物に認定されているため、安全性の面から見ても全く問題ありません!

トイレの汚れはこすり取らずに溶かし落とす

 トイレ掃除でしつこい汚れに対して耐水性のサンドペーパー等で擦ると綺麗になるというようなことが書かれているお掃除雑誌等も見かけますが、それは絶対に辞めるべきです。サンドペーパーで擦るとたしかにそのときは汚れは落ちますが、目に見えない傷が沢山入ってしまい、そこからまた汚れが溜まったり、カビが生えたりして悪循環に陥ります。トイレの汚れは擦って落とすのではなく、溶かして落とすのが良いです。

 尚トイレにかぎらず、水回りの汚れ、例えば水垢などもクエン酸か重層のどちらかで大半は落とすことができますので、一家にワンセットおいて置くとこんなに便利な物は無いでしょう!