日用品から健康と貯金を!

日用品の選び方や賢い使い方、節約の仕方などを科学的観点も含めてお伝えしていきます。

少し高くても歯磨き粉はフッ素入りのものを!オススメ商品も紹介!

f:id:kisuke_blog:20170618194721j:plain

 何かを習慣として行うことを、「歯を磨くように…する」という表現があるほど、歯磨きというのは私達が毎日行う行為です。歯磨きに登場する道具と言えば、歯ブラシと歯磨き粉。なかには歯磨き粉を使わない人もいるでしょうが、ほとんどの人は何かしらの歯磨き粉を使ってると思います。では、今使っている歯磨き粉を選んでいる基準は何でしょうか…?

 大抵の人はパッケージと値段ではないでしょうか。その2つで選ぶ気持ちわかります…!が、ここでは”フッ素”の入った薬用ハミガキをおすすめさせてください!フッ素入りの歯磨き粉は少し高いですが、きちんと元は取れるので。虫歯になる理由から、歯磨き粉の選び方、そしてコストパフォマンスの順番で書いていきます。

 そもそもどうして虫歯になってしまうのか?

 歯磨きをするのは虫歯にならないためですが、どうして歯を磨かないと虫歯になってしまうのでしょうか。原因は虫歯菌と呼ばれる、口の中にいる細菌です。虫歯菌はほとんどの日本人が持っていて、幼児期に主に母親を通じて伝染します。この虫歯菌は歯をに住み着くと、プラークと呼ばれるネバネバした膜のようなものを形成します。

 このプラーク中に存在する虫歯菌は口腔内に残っている食べかすを栄養にして、酸を出しますこの酸が歯を溶かしてしまうのです。

f:id:kisuke_blog:20170618224542j:plain

歯の表面にはエナメル質と呼ばれる層があって、この部分は鉄よりも硬いのですが、酸には滅法弱くて、溶けてしまいます。この酸によって侵食が進行していく状態が虫歯なのです。

虫歯を防ぐための歯磨きの役割とは

 上では歯に存在する虫歯菌が食べかすを栄養に出す酸が虫歯を引き起こすことを説明しました。ですので歯磨きの目的は、以下の2つです。

①食べかすを取り除く

 食べかすを取り除くことで、細菌に栄養を与えないようにして、酸の発生を抑えるということです。実はこれには歯磨き粉はあまり必要ではなくて、水で歯ブラシをするだけでもかなりキレイになります。歯磨き粉は口の中に爽快感を与えることで、歯磨きしやすくするくらいの働きしかしていません。

②酸から歯を守る

 もう1つ歯磨きに期待されるのは、酸からの歯の保護です。ここで歯磨き粉に含まれるフッ素が活躍します。歯のエナメル質の成分はヒドロキシアパタイトと呼ばれる成分なのですが、ここにフッ素を溶け込ませることによってフルオロアパタイトに変化させます。そうすると酸で溶けにくくなるのです。

 このことからわかるように、歯磨きにおいて歯磨き粉を使う意味というのは酸から歯を守るためだということがわかります。歯を酸から守る成分の中でもこれまでに多く使われていて、安全性・効果共に保証されているのが、フッ素というわけなのです。

スポンサーリンク

 

フッ素入りの歯磨き粉はどれがオススメなの?

 最近ではフッ素が虫歯を防ぐ効果があるということが広く知られてきて、フッ素入りの歯磨き粉も増えて来ました。これまでフッ素と書いてきましたが、成分表示の中に、”フッ化ナトリウム”、”フッ化第一スズ”、”フッ化リン酸ナトリウム”、”モノフルオロリン酸ナトリウム”などが含まれている商品がそれになります。

【フッ素が含まれている歯磨き粉】

    1.  クリニカ アドバンテージ ハミガキ クールミント 10%増量(143g)  フッ素濃度:960ppm (300円程度)
    2.  デンターシステマEX 130g フッ素濃度:960ppm (300円程度)
    3.  キシリデント ライオン 120g フッ素濃度:960ppm (350-400円程度)
    4.  GUM(ガム) 薬用 デンタルペースト 150g フッ素濃度:924ppm (400-500円程度)

 こちらに並べたのは全てフッ素が含まれている歯磨き粉になります。虫歯予防にフッ素を用いる場合には1000ppm程度のフッ素を用いるのが望ましいと言われています。そこで今回は900ppm以上の商品だけをピックアップしました。不思議なことにフッ素濃度が高いものほど、値段的にもお手頃という素晴らしい結果になりました!

 私が歯磨き粉20商品ほど調べた中ではクリニカ アドバンテージが、最もコストパフォマンス良く、フッ素が入っているということがわかりました。


 

まだまだあるぞ、フッ素の効果!

 ここまでフッ素は歯に溶け込むことで虫歯を予防する効果があるということを書いてきました。しかしフッ素にはまだまだ紹介していない力があるのです。

1.歯のエナメル質をフッ素化して、酸に強くする

 これは先程と同じことをもう一度書いただけです。歯の構成成分であるヒドロキシアパタイトをフルオロアパタイトに変化させることによって、酸に溶けにくい成分に作り変えます。

2.歯のエナメル質の欠けている部分を補修

 きちんと歯磨きをしていてもやはりエナメル質は酸によって少しはやられてしまいます。そこにフッ素が入り込むことによって、歯のエナメル質の結晶構造をきちんと整えます。

3.再石灰化の促進

 フッ素は唾液中のカルシウムやリン酸イオンとともに歯に再沈着し、再石灰化を促進します。

4.虫歯菌の働きを抑制

 細菌が働くために必要な酵素の機能を邪魔して、細菌の活動を抑制します。 

 

 と、こんなに良い機能がありながら、長期間の実践使用によって安全性まで確認されているのです。歯磨きのチューブをまるごと全部飲み込むなどの極端なことをしない限り、副作用はほぼありません。

スポンサーリンク

 

健やかな人生は健康な歯から

 一般的に一本虫歯ができると、そこを中心に細菌が繁殖するなどして、他の歯も虫歯になりやすい状態が形成されてしまいます。今現在一本も虫歯が無い人は、それを死守すること、虫歯がもうできてしまった人は、残りの歯を全力で守らなければなりません。

 また健康な歯を持っている人ほど、幸福な人生を送っているという研究結果すらあります。というのも、虫歯になるとそれをきっかけに様々な病気になりやすくなってしまうのです。もちろん虫歯は痛みがあるという理由だけでも決してなりたいものではありません。

 一本50-100円程度の差で歯磨き粉を節約するのではなく、少し高くてもフッ素入りの歯磨き粉を買ったら、その分ちゃんと元は取れると思うのです。

最後までお読み下さりありがとうございました。