+アルファ研究所

身の周りにあるもので、知っていたら役立つ&得する情報、話題になる情報を書いています。

高いものを買う必要はない!排水管のつまりを除去するパイプクリーナー (考え方編)

あ、排水口が詰まった!!!

こういう時に役立つのがパイプクリーナー。

でも店頭には、多くの類似品があってどう違うのかわかりません。

今回はこの排水口のつまりとりを解説していきます。

 

尚、この記事では、製品による違いを詳しく書いていますが、結論だけ知りたいという方は、こちらの記事を読んでいただくだけでわかるようにしています。

理由も知りたいという方は以下お付き合いください。

 

f:id:kisuke_blog:20150815025137j:plain

スポンサーリンク

 

そもそもパイプクリーナーの有効成分って? 

一般的につまりとりやぬめりとり剤の有効成分は2種類あります。

1つ目が『次亜塩素酸ナトリウム』で、もう1つが『水酸化ナトリウム』です。

それにくわえて増粘剤と呼ばれる粘り気を出すための物質と、水と油を混ざりやすくするための界面活性剤も含まれています。これらについては後の方で解説します。

ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

次亜塩素酸ナトリウム:髪の毛などのタンパク質を酸化分解する!

次亜塩素酸ナトリウムという言葉は1度くらいなら見たことあるという方も多いと思います。化学式ではNaOClと表される物質です。

いわゆる塩素系漂白剤と呼ばれる物質の主成分で、あの”塩素の臭い”の元となっているものです。

この次亜塩素酸ナトリウムの特徴は、強力な酸化力。

次亜塩素酸ナトリウムはその名の通り塩素が含まれています。通常塩素は水中では、Cl-という形で存在しているのですが、次亜塩素酸ナトリウムに閉じ込められた塩素はCl+という形になっています。

これによって不安定化されている塩素は、安定なCl-に戻ろうとしますが、この時に周囲の物質を酸化して、漂白・殺菌・脱臭作用などを示します。

 

パイプクリーナーとして次亜塩素酸ナトリウムが使われる場合には、その酸化作用によってタンパク質を分解することが期待されています。

先ほど出てきたCl+がタンパク質の結合を千切って、タンパク質からできている髪の毛やその他の有機物をバラバラにします

それによってつまりの原因である、髪の毛や食べかすなどを水に流れやすくするするのです。

 

※より詳しく知りたい方には、こちらの記事が参考になると思います。

 

水酸化ナトリウム:髪の毛や食べかすなどをアルカリで分解する!

有効成分の2つ目は水酸化ナトリウムです。

中学や高校の化学で習った覚えのある方も多いと思います。

この水酸化ナトリウムは、水中で非常に強い塩基性アルカリ性)を示します。

この強力な塩基性によって、次亜塩素酸ナトリウムと同様に、髪の毛や食べかすの構成成分であるタンパク質をバラバラに分解し、水に流れやすくします。

また水酸化ナトリウムには脂肪分を分解する性質もあるため、これによって食べかすなどをより水に流れやすくすることができます。

 

スポンサーリンク

 

商品によってどれくらい成分の量が違うのか?

さて、前述したようにパイプクリーナーの有効成分は、次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウムです。

薬局に行って商品の裏側のラベルを見てみますと、『水・次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウム・…』というように成分表示がされていると思います。

この成分表示は、含有量の多いものから記載する決まりがありますから、上のを例にとると、水が一番多くて、その次に次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウムと続くということになります。

いくつかの製品を比べてみた

今回、パイプユニッシュを始め、日常に出回っているいくつかの商品を比較してました。

比較したのは、パイプユニッシュ(ジョンソン株式会社)・Pix 強粘度ジェルタイプパイプクリーナー(ライオン)・パイプハイター高粘度ジェル(花王)の3つです。

これ以外にも様々な製品がありますが、成分情報がなかったりしたので、この3つを選定しました。

1) パイプユニッシュ

次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウム(1.8%)・界面活性剤

2) Pix 強粘度ジェルタイプパイプクリーナー

次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウム(1%)・界面活性剤

3) パイプハイター高粘度ジェル
次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウム・界面活性剤

 

…何が言いたいかと申しますと、どの製品も含まれているものは同じなわけです。

パイプハイター高粘度ジェルの水酸化ナトリウムの濃度が記載されていませんが、これは他の製品と似たり寄ったりだと思われます。

と申しますのも、水酸化ナトリウムは医薬用外劇物に指定されている危険な薬品なので、有効濃度を5%以上にしたものを一般向けに市販できないことになっているからです。

 

ちなみに業務用のプロの方が使うパイプクリーナーは水酸化ナトリウムの濃度が95%と非常に高濃度になっています。

これによって、家庭用パイプクリーナーでは得られない強力な分解力を持たせています。

蛇足ですが、業務用パイプクリーナーと称する製品がネット上に散見されますが、あれはただ名前が業務用というだけであって、水酸化ナトリウムが高濃度で含まれているわけではないことに注意が必要です。

水酸化ナトリウム含有率が5%を超えるものに関しては、法律の定めるところの医薬用外劇物になりますから、一般向けに市販した時点で法律違反ということになります。

スポンサーリンク

 

ではどうやって比較すれば良いのか?

ではどの製品を買えば良いのでしょう。

そうです。次亜塩素酸ナトリウム水酸化ナトリウム以外の成分に注目してみましょう。

重要なのは”粘度”です。

粘度とはどれくらい粘り気があるかということですが、パイプの壁面などについたものを溶かすには、そこに張り付いて長くとどまっていられる、粘度の高いものが有利です。

粘度に関しては、製品に自信がある会社では、成分表ではなくそれ以外のところに記載があるケースが多いです。

[mPa・S]というのが粘り強さの単位で、この数字が大きいほど粘り気が強いということになります。

パイプユニッシュは、この粘度を強みに出している製品で、パッケージにでかでかと800 mPa・Sと書いてあります。

ちなみに100 mPa・Sがオリーブオイルくらいの粘度、800mPa・Sだとガムシロップくらいの粘度です。

 

しかし、このように高粘度の商品は比較的高いものです。

そこで、最もお安くパイプクリーナーを使う方法を書いて終わりにしたいと思います。

 

 

結論:パイプ自体には格安品を、壁面には粘度の高い商品を!

ここまで長い文章を読んで下さりありがとうございました。

書いてきたように、パイプクリーナーに関しては商品間で成分とその濃度に大きい違いがありません。

しかし壁面などに長く留まっていられるため、高粘度の製品が良いとも書きましたが、

このタイプの商品は少し高価です。

排水口に溜まっている水に使う分には安いもので充分!

排水口には臭いが上がってくるのを防ぐために、必ず水が溜まる仕組みになっています。

この水の中にも髪の毛や食べかすなどが溜まってつまることがあります。

そこで、パイプクリーナーを流し込むわけですが、水の中に入れる分については粘度は関係ありません。

そこで、そのような水の中に流し込む分には安いものを使いましょう。

壁面や排水口周辺などには少し高くても粘度の高いものを!

逆に排水口の周辺については少し高くても粘度の高い製品を利用しましょう。

このようなところには、長く留まっていられるものでないと効果が薄くなってしまう彼です。

最強の組み合わせはこれだ!

というわけで筆者の私としては以下の製品を組み合わせることをおすすめします。

・排水口に流し込むもの:ミツエイパイプクリーナー 1000mL (189 円)

・排水口周辺:パイプユニッシュ凝縮パワージェル (307 円)

がお勧めです。

 

長い記事を最後までお読みくださりありがとうございました。

これからも皆様のお役に立つ記事を書いていきます。