+アルファ研究所

身の周りにあるもので、知っていたら役立つ&得する情報、話題になる情報を書いています。

蚊対策グッズはどれを選べばいいの?効果と価格の観点からまとめてみた(室内向け)

f:id:kisuke_blog:20160524230352j:plain

 夏になると悩まされるのが蚊!特に刺されやすい人にとっては死活問題です!!蚊が一匹いるだけで安眠妨害、翌日のお仕事や用事に響きます。しかも、最近では地球温暖化に伴ってジカ熱などの蚊が媒介する感染症も増えているので、蚊に刺されないことは大切です。

薬局に行くとたくさんの蚊対策グッズが売られていますが、逆に多すぎてどれを選んでいいかわかりません。

この記事では室内向けの蚊対策グッズの効果とそれに見合った価格になっているかをまとめました。

スポンサーリンク

 

そもそも蚊対策グッズってどんな種類があるの?

 蚊対策グッズはたくさんありますが、まずは種類を知ることが大切です。その種類によって特長が変わってくるからです。

どのような種類があるかと、その特徴を見ていきましょう。

スプレータイプ(エアゾールタイプ)

 最も知られているものとしては、キンチョールがあるでしょう。これらの商品は部屋の中にスプレーで満遍なく噴霧することで、部屋の中の殺虫を行います。

全てのタイプの中で最も勢い良く噴射できるため、部屋中に薬剤を素早く散布できることが大きなメリットです。また部屋が広くても噴射する時間を長くするだけで対応できることも大きなメリットといえるでしょう。

逆にワンプッシュタイプのものに比べて薬剤の粒子が大きいため、あまり持続した効果を得るのは難しいというデメリットがあります。 

ワンプッシュタイプ

 比較的最近になって登場したタイプの殺虫剤です。おすだけベープとかが有名ではないでしょうか。

この商品の最大のメリットは1回薬剤をプッシュしたら、長いものだと24時間程度蚊よけの効果が持続することです。 これは非常に細かい粒子となった薬剤が空気中を長時間漂うためです。

しかしデメリットもあります。それはエアコンなどを付けていると効果が著しく減少することと、少し高価だという点です。また実際に表記されているよりも少し早く効果が切れてしまう場合もあるようです。

電子式蚊取り線香

  これは比較的古くからあるタイプで、電子蚊取りと呼ばれているものです。アースノーマットなどが有名ではないでしょうか。

このタイプの商品のメリットは、電気を入れている間は効果がずっと持続することです。プッシュ式のものだと定期的に薬剤を撒き直さないといけないのに対し、電子式蚊取り線香の場合はコンセントに挿しておくだけでずっと薬剤が放出されるからです。

デメリットとしては、コンセントが必要なことと薬剤の放出に熱を利用するために赤ん坊がいる家庭では少し使いにくいことかと思います。

蚊取り線香

 言わずと知れた緑の渦巻き型のものです。実はあれ自然の薬草からできているように見えて、完全に化学物質だってご存知でしたか?笑 

 このタイプの商品の最大のメリットは、電源を必要しないことと複数本を燃焼させることで広い部屋にも対応できることでしょうか。

デメリットは、臭いと煙に悩まされることです。

外で使う分には非常に便利ですが、最近だと他に良い商品がたくさんあるので、率先して室内で使いたいシロモノではないとは思います。。

 

蚊取り線香は製品によって効き目はどのように違うのか?

  実はほとんど全ての蚊対策グッズに含まれる殺虫成分は同じ系統のものです。ピレスロイド系殺虫剤と呼ばれていて、虫には極めて強力な毒性をしめしますが人間にはほとんど無毒な化学物質です。

 この物質は最新のアースジェットやワンプッシュ式の蚊グッズから昔の蚊取り線香まで同じで、虫を殺す働きがあると知られていた除虫菊から取り出された成分を改良したものです。

(豆:現在キンチョーで知られる会社の正式名称は大日本除虫菊株式会社なんですよ!) 

  もちろん会社によってマイナーチェンジが行われているので違いはありますが、最近の殺虫剤は非常に良く研究されているので効かないと言ったことはありません。

 

 成分よりも大きな違いは、それぞれのタイプのデメリットをどれだけ克服できているかということが大切です。例えば最近流行りのワンプッシュ式のものだと昔はワンプッシュで6時間程度しか効果が持続しませんでしたが、最近は24時間のものが出始めています。

自分の求める用途でできるだけ使いやすいものを選びたいものです。

最後にそれぞれのタイプでのオススメをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:蚊対策グッズのオススメはこれだ!自分に合うものを選ぶべし

 ここまで見てきたように、蚊取りグッズは自分にあったタイプのものを選ぶことが大切です。

ワンプッシュタイプ:フマキラー 押すだけベープスプレー

 まずこれを買っておけば間違いない、というやつです!

ワンプッシュタイプでは1回あたりに掛かる値段は最安値でありながら、ワンプッシュで24時間効くという優れもの。1回スプレーするとしばらく空気中を漂い蚊を殺しますが、空気中から落ちた薬剤は壁や床から再び蒸散することで無駄なく効果を持続させます。

価格.comなどで評価を見ても、良く効くことがわかります。

特にこだわりが無い方は、これ一択ですね!


 

ですが、窓の開放や冷房の連続運転には弱いので、そのようなことを多用される方は電子式蚊取り線香の方が良いかもしれません。

スプレータイプ:アース ジェット

 スプレータイプの良いところは、広い部屋にでも速攻で薬剤を散布できるところです。ですので、比較的高い階に住んでいて、網戸を開けた瞬間に虫が入ってくるというほどではないけど、時々気になるというような方におすすめします。

 最近ではどんどん製品改良されてきて、一度スプレーをすれば8時間程度は蚊が寄り付かなくなるようです。

 そのなかでも最もコストパフォマンスの良い製品がアース製薬のアースジェットです。


 

 電子式蚊取り線香:アースノーマット(各種香料あり)

 電子式蚊取り線香の最大のメリットは、窓の開放や冷房に強いということです。ワンプッシュ式のものに比べて少しだけお高くつきますが、ワンシーズンで数百円も変わらないので、窓の開閉が多い方や冷房を連続で使われる方にはこちらをおすすめします。

  電子式蚊取り線香はアースとキンチョーが出していますが、どちらもコスパに違いはありません。ですが、アースの方が香料の種類が多いのでこちらをオススメとさせていただきました。

 

 賢く蚊対策グッズを選んで、夏を乗り切りましょう!

最後までお読みくださりありがとうございました。